商標(国内/外国)

想像してください。自社で使っているサービス名が使えなくなった・・・。多角化しようとしたら他社に権利を取られていた・・・。そんなことがないように、取るべき権利内容を十分に検討してから出願していますか?現在の事業や将来の展望に応じてどんな商標出願をすべきか考えることが重要です。出願された商標がそのまま登録になるとは限りません。拒絶理由通知を受ける可能性や受けたときの対処方法も想定しましょう。

福地国際特許事務所の強み!

①事業に沿った出願提案
各企業の商標の使用事情はそれぞれ異なります。当事務所では、あなたの事業の現在・将来を徹底的にヒアリングします。そして、事業に沿った権利が取れるように積極的にご提案します。
②拒絶対応も十分に想定
当事務所では、先行商標調査を行うことで、拒絶理由通知を受ける可能性を把握し、あなたに出願すべきか否かを提案します。また、拒絶理由通知への対応も事前に想定し丁寧にご依頼に応えます。
③粘り強いパートナー
当事務所は、あなたに寄り添い、粘り強く権利化するパートナーを目指します。勝訴率10%といわれる審決取り消し訴訟に粘り強く挑み勝訴した経験や他社の登録を取り消した経験があります。

料金について

こちらのページをご確認ください。

商標登録の手続きと流れ

こちらのページをご確認ください。

お気軽にお問い合わせください。03-5784-2061受付時間 9:30-17:45 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。